×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

THE『マスコミ就職』。業界内部への潜り込み方と年収を明かす・・。マスコミ志願者は求人募集情報を見る前に必読!

マスコミ就職・業界への潜り込み方! マスコミ就職希望者・業界内部に潜り込みたい人必見!求人募集を見る前に!
   リクナビNEXT
   マスコミ就職目指すなら
    まずはエントリー
テレビ業界 マスコミ就職・年収大公開

  『美術』とは?美術求人募集を見る前に必読

 美術と一まとめで言うが、たくさんの職種があり大きく分けて「美術プロデューサーや美術進行」と「美術デザイナーや大道具などの現場」に分けられる。

 美術プロデューサーは美術制作の総責任者として、予算やスケジュールの管理や発注先の決定・スタッフ選定をしてスタッフをまとめていく。また美術進行は美術プロデューサーのアシスタント的な役割をこなし、実際に現場に出て連絡や支持を与えることになる。

 美術デザイナーや大道具は、美術プロデューサーの指示を受けてセットのデザインをしたり作成にとりかかることになる。

 他には小道具や電飾、特殊装置などの美術スタッフと協力しながらセットを形作っていく。

 美術の各スタッフは大抵得意分野や専門分野を持っているので様々な会社からきていることが多い。それらスタッフをまとめ、円滑に美術セット作成が進むようにするのは美術進行の手腕にかかっているといっても過言ではない。


  『美術』になるためには?

 美術プロデューサー・美術進行になるためには→美術制作の現場経験が必要なのでまずは経験を積むことが必要となる。そこで最初は大卒ならテレビ局の美術部を目指す。それ以外には美術専門の制作会社への入社が美術プロデューサーや美術進行へのあしがかりになる。

 その他美術制作の現場スタッフになるためには→美術制作の現場スタッフを目指す場合、スキルは職種により異なる。デザイナー関係を目指すとしたら美大を卒業している方が有利ではある。または美術系の専門学校などを卒業するという方法もある。

 大学を卒業していれば、テレビ局の美術部を目指す方法が考えられる。その他にはやはり美術制作の制作会社への就職を目指そう。

 最初はどの職種でもアシスタントや下積みが待っているはず。日々努力して経験を積めば後に美術プロデューサーとして現場を仕切れる日がやってくるかもしれない。


  『美術』の年収

  年収
  『200〜1000万円程度』



 --どうすればマスコミに就職できるか?編集人が選ぶマスコミ系求人充実サイト--

  ■マスコミ就職・転職を目指すなら、エントリーしておけば断然有利な「リクナビNEXT」を利用するといいです。求人案件の数が断然多いから一番オススメです!

  □自分で求人に応募するより確実なのは、転職コンサルタントサービスを利用すること。今CMで話題のリクルートエージェントなら無料でプロのコンサルタントが日程調整や条件交渉、就職までをサポートしてくれるので一番良いところへ転職し易いです。

  また、マスコミ・クリエイティブ系の求人が豊富なのが、非公開求人が魅力の転職の新サービス【DODA】です。多くのサイトを利用し、エントリーしておくだけでも、スカウトされる可能性が高くなるほか、いい条件の情報を見つけることができるはずです。

  派遣、とりわけマスコミ派遣で探す場合は、リクナビ派遣マスコミが業界トップの情報量!

  マスコミアルバイトなら、有名サイトのWeb anたちよみフロム・エーが充実しています。他には就職関連の求人もあります。


  『私のおすすめ』
 自分で探すなら⇒ リクナビNEXT サポート・好条件なら⇒ リクルートエージェント

 
マスコミ就職・フリーランス年収公開
プロデューサー
AP
ディレクター
AD
カメラマン
放送作家
リサーチャー
編成
広報
タイムキーパー
技術
音声
デスク
美術
大道具・小道具
衣装・メイク
車両
マスコミ就職リンク

リクナビNEXT
リクルートエージェント
リクナビ派遣マスコミ
転職のDODA
Web an
フロム・エー



ラジオ業界
プロデューサー
ディレクター
AD
構成作家
DJ
ミキサー
編成
選曲
広報
マスコミ就職
PR


マスコミ就職ページの上へ
copyright2006  『マスコミ就職』 All right reserved.